Sample Company

遊ぶ

ヘルシーロード バードウォッチング

公園

蓮田市は“川と緑の自然が豊富な街”です。 市内には大小40か所以上の公園が整備されており、市民にとっての憩いと寛ぎの場として愛されています。 そのうちの代表的なおすすめ公園をご紹介します。

西城沼公園 根ヶ谷戸公園 堂山公園
山ノ内公園 元荒川河川敷公園 黒浜公園
    
堂山公園
  西城沼公園
  黒浜公園
  根ヶ谷戸公園
 
山ノ内公園
  元荒川河川敷公園(椿山)
  元荒川河川敷公園(椿山1丁目)
  元荒川河川敷公園(緑町) 
 

そのほか、詳しくは彩の国埼玉情報サイトでお好きな公園を探してみましょう。「さいたまなび」

西城沼公園(にしじょうぬまこうえん)

園内にはこども遊具の他、ちびっこに人気の迷路や砦に芝生広場やじゃぶじゃぶ池(8月のみ)などがあり、老若男女・ご家族や子供連れまで安心して利用でき、桜や水連の花など四季々の自然美も楽しめます。

根ヶ谷戸公園(ねがやどこうえん)

住宅街にある静かな公園で、こどもに人気の大きなローラー滑り台などの遊具、芝生広場・ゲートボールコート2面もあります。夏期には、岩山滝にじゃぶじゃぶ川の水遊び(8月のみ)もあってちびっこに人気の公園です。朝夕など公園周囲を散策される方も多く見られます。

堂山公園(どうやまこうえん)

供向けのターザンロープ・滑り台・鉄棒などの遊具に加え、自由広場に芝生広場もあります。駅からも近く市の中心部にあり、気軽に利用できる憩いの場です。

山ノ内公園(やまのうちこうえん)

県道さいたま栗橋線に近く、見沼代用水と綾瀬川との間にあります。遊具は少なく、広―い芝生の原っぱが自慢で、親子でのバドミントンやボール遊びなどには最適な公園です。

元荒川河川敷公園(もとあらかわかせんじきこうえん)

元荒川右岸の宮前橋から荒川橋、新荒川橋・新今宮橋にかけて河川敷に広がる公園です。約450本の桜が元荒川両岸に咲きそろう様は壮観で、毎年4月第1週土曜日には商工祭桜まつりが宮前橋~荒川橋間で行われています。

黒浜公園(くろはまこうえん)

公園には、軟式野球場、サッカー場、テニスコートがあります。園内には広い松林もあり、すばらしい景観をつくっています。市内散策の折に立ち寄ってみてはいかがですか。

ヘルシーロード

緑のヘルシーロードは、見沼代用水の改修によって生じた余剰地を利用して自転車及び歩行者専用の道路として平成2年度に完成しました。 行田市の利根大堰から鴻巣市(旧川里村)、加須市(旧騎西町)、久喜市(旧菖蒲町)、白岡町、蓮田市、上尾市、さいたま市、川口市を通って川口グリーンセンター付近まで繋がっている総延長56.5kmの遊歩道です。 蓮田市はその中間地点に位置し利根大堰から約30kmです。上流側は緑ゆたかな田園地帯が広がっています。上流の白岡町境の柴山の伏越から下流の上尾市境の瓦葺掛樋跡(現在は伏越)までの約10kmが蓮田市内です。沿道には多くの桜が植えられて春には桜並木の楽しい散策コースになります。また10月頃になると平野付近ではコスモスまつりが開催され人々で賑わいます。 勤労青少年ホームを起点として、サイクリング、ウォーキング、散策を計画してみてはいかがですか。

バードウォッチング

私たちの住む蓮田市は、緑豊かな自然環境に恵まれ、元荒川、黒浜沼、山ノ神沼をはじめ西城沼公園など水辺の憩いの場が数多くありありますが、紹介したいバードウォッチングのポイントが黒浜沼です。県の緑のトラスト保全地区にも指定されている貴重な自然空間です。湿性植物や絶滅危惧種など様々な動植物が生息し数多くの鳥類が確認されています。そして、県内外から多くの愛好家が訪れています。

この恵まれた環境の下で活動を続けているのが開講20年を迎えた蓮田市環境学習館バードウォッチング講座です。講師は開講以来案内を続けているベテランの方など皆さん専門知識をお持ちの親切な方々です。講座は黒浜沼周辺を2時間半程度散策しながら講師の方々が野鳥を探してフィールドスコープを合わせて間近に見せてくれますので、初めての方でも安心して参加できます。これまで講座で観察された野鳥の種類は98種類ですが、周辺では141種類の野鳥が観察されているそうです。この講座は毎月第1土曜日の9時半から、誰でも自由に参加出できます。市内外からいつも30名位の参加があります。参加費用は資料代100円です。環境学習館は耐震性の問題で使用中止になっていますが、簡易トイレがあります。駐車場はありますが、数が少ないので自転車などを利用してください。黒浜沼の詳細はこちら