関山貝塚

大宮台地東側の岩槻支台に位置する関山貝塚は、今から約6,500年前の貝塚で関東地方の縄文時代前期の標識遺跡で、県指定重要遺跡になっています。
蓮田市内には南東方向に細長い2つの支台が存在するが、その中で岩槻支台は西側にあたり、東側を元荒川が、西側を綾瀬川が流れています。
岩槻支台の中央部は両河川がせばまって、標高16mほどの馬の背状台地になっていて、周辺の水田面となっている低地からは8mほどの高さです。
関山貝塚はこの台地くびれ部のやや南側で、綾瀬川に面した標高15m前後の台地上に立地しています。現在は、遺跡の存在する台地の裾部分に見沼代用水が流れ、遺跡の一部が洗われています。
関山貝塚は明治期から著名であったが、昭和初期に大山史前学研究所によって行われた、海進時における奥東京湾の海岸線調査の際に発掘が行われました。
出土した土器は、山内清男博士により「関山式」と命名された経緯をもっています。その後、関山貝塚に対する調査は行われませんでしたが、昭和46年に土採取事業に先立って、埼玉県教育委員会が発掘調査を行い、3軒の住居跡がみつかりました。その後、平成7年に蓮田市教育委員会が調査を行い、住居跡1軒を確認しました。
この貝塚から出土した土器は、粘土に植物繊維を混ぜて焼いていることと羽状縄文と呼ばれる縄目の文様がつくなどの特徴をもっています。関山式土器と呼ばれるこの土器は、縄文時代の土器を分類するときの基準資料の一つとなっています。土器は埼玉県立歴史と民俗の博物館に展示されています。

はすだの歴史を観る

黒浜貝塚 元荒川の桜 芥川龍之介の撰文碑 黒浜沼
寅子石 久伊豆神社 円空仏 閏戸の式三番
山ノ神沼 見沼代用水 綾瀬貝塚 蓮田市文化財展示館
関山貝塚 高虫氷川神社彫刻 伊豆島の大蛇 備前堤


   
     トップページに戻る