丸城、天満社、白岡八幡宮、御殿場公園、堂山公園、蓮田駅(前半コース)

<本文>蓮田駅の西口を右に行き、旧国道122号線を渡り駐車場脇の小道に入ってななめに遊歩道を進みます。そのまま行くと堂山公園前に出ます。   堂山公園をすぎ図書館先を右折直進すると、新122号バイバス隧道の上に出ます。ここを左折し150mほどの交差点を右折し、元荒川にかかる新荒川橋をわたると、T字交差点角に「榎戸公園」があります。榎戸とは古い言葉で川などの渡し場の意味で、昔このあたりに黒浜と蓮田地区を結ぶ渡しがあったのでしょう。道路は大きくカーブして西城沼公園の信号に出ます。交差点を渡った西城沼公園で一息入れましょう。

齋藤家の長屋門 柱が礎石の上に残っている造りで小壁が低く全体としても軒の低い造りで「室町づくり」と言われるそうです。江戸時代元禄(げんろく)頃(1688年)に建てられ、幕末の頃に修理され、最近では昭和48年に」修理が行われました。伝承では齋藤家は戦国期に生家の滅亡により修験者となり各地を遍歴の後,この地に居を構えこの地の開発にあたり村の子弟に学問や剣術を教えたといわれ、明治期にも長屋門の部屋で教えていました。江戸期には代々名主として村の世話をし明治にはいると戸長役場をつとめました。

齋藤家を辞して、門前の小道を左手に20m行き右折して90m程で左に坂をくだると、台地の下にある山裾の道にでます。山裾の道を右に600m程で上島公園に着きます。 上島公園の北の角地の反対側T字路の崖に細い階段が20段あります。登るとそこに南新宿の鎮守の久伊豆神社があります。

神社の右手に小道があるのでそこを進みます。右手に黒浜北小学校をみながら集落の中を進みT字路に突き当たりますので左に行くと、大通りの先に南新宿の林昌寺(りんしょうじ)があります。

※八幡宮を出て左方向に100m進み、左折し200mほどで名刹正福院があります。

  

正福院をあとに左方向に進み、クランク右折し直ぐに左折し進むと商工会館脇にでます。商工会館の右100mの交差点を左折、道なりに450mほどすすむと白岡駅です。

もっと歩きたいという方は、「後半コース」に進んでください。

   
     トップページに戻る