上平野・高虫の石仏と見沼の伏越しをたずねて

<本文>今日は石仏のたくさんある上平野、高虫方面にごあんないします。高虫は駅から遠いので、往復ともバスを利用しましょう  蓮田駅の西口から平野経由中橋行きに乗ります。上平野のバス停で下車します。初めに上平野の平源寺に行きたいのでバス停から少し戻り右手に二階のビルが二つ建っていますのでその間の道を入って行きますと150m程で右側にあります。

平源寺
浄土宗岩槻市加倉浄国寺の末,元和(1615〜1629年)の頃、僧源栄を開山とする。幕府より慶安2年2月17日寺領7石5斗の御朱印状を賜る。寺領は今の土地にして3町7反5畝で37500hmに相当する面積だそうです。察するには当時は広い土地に大伽藍のそびえる寺ではなかったかと思われます。明治6年の学制がしかれたとき上平野学校が平源寺を使用して開校しました。当初の児童数は男58人女17人だったそうです。当時の、平源寺は近年改築され、寺を取り囲む森も切り倒されお堂だけが建つ明るい感じの静かな寺です。山門の前に平野学校開校記念碑が100周年のときにたてられました。

元の道に返して左に、およそ500mのところの左側の森を入ったところに上平野の鎮守の八幡神社があります。県道の右側には東部バスの車の回転する広場があり,その後に宝蔵寺の跡と墓地があります。

八幡神社
祭神は応仁(おうじん)天皇またの名を誉田別尊で他に須賀社(祭神は素佐之男命:すさのおのみこと)も合祀されています。社殿は参道を 進み右に向きを変えたところにあり八幡造りのやや変形した形のすばらしいものです。時節がら森や境内に手の行きとどかないのが残念な気がします。 この神社には古くから伝わる山車があり、8月15日には天王様のお祭でに賑わいます。皆さんも蓮田市民祭りの際に見たことがあると思います。なお市民祭りにお囃(はやし)が鳴り響いていたのを聞いたこととおもいますが、あのお囃連(はやしれん)も、この八幡神社に古くから伝わる伝統芸能なのです。江戸時代ひは大変栄えた神社であることがうかがえます.社の境内には電電者や稲荷社等の小社も祭られています。

道にでてさらに北へと進みますと500m程で高虫の歓喜寺跡があります。ここも今は墓地が残っているだけで寺はありません。先へ50進み左に入りその道を進むと高虫の氷川神社があります。

氷川神社
氷川社の祭神は素佐之男命(すさのうのみこと)で祭日は3月9日です。境内には他に天神社や稲荷社、第六天神社、愛宕社等の小社も祭られています。蓮田地区というか埼玉郡においては、氷川社を祭るということは大変めずらしくどのようにして祭祠されたのか興味のある問題です。埼玉郡は久伊豆神社が祭られているのです.各村々の神社が室町時代に中世の豪族たちによって祭られたようです。高虫村では中世頃に有ったと言われる正恩寺(正恩地の地名で残っている)も無くなっていることから、中世の頃の高虫村は一度離散し再び戦国の終わりごろ村が作られたのではないかと考えられます。 江戸期には伊奈備前守の領地であり、小室の氷川社から元禄元年(1688年)に勧請されたのではないでしょうか。(一説には天和9年(1690年)向山の地に、武蔵国一之宮氷川社を勧請したと伝えられ、享保4年領主米津出羽の守が、社地7反歩を村人に賜り、移祀したという。元文3年本殿を建築、天保17年幣殿、並びに拝殿を建立した。慶応元年に本殿を解体修理した。) 広い神域は静かな佇まいの杜と調和し、市内でも有数の社である。本殿は彫刻がすばらしく、市の文化財の指定を受けている(昭和58年)。

県道をさらに北へ500m進むと、県道行田蓮田線との交差点になります。真っ直ぐに信号を渡り200mのところ右の奥深い杉の参道を入ると妙楽寺があります。

*みみだれ観音 耳の病によく効くところからこの名前があります。供えてある水(酒をくさらせたもの)をそこに置いてある竹筒に入れて持ち返り、それを耳につけると病気がなおるそうです。治ったらお礼として、倍量のお酒をお返ししたそうです。信仰の範囲は広く江戸からも来たそうです。  同様の「みみだれ観音」は蓮田市内では下蓮田新田地区、江ヶ崎の寺前地区にもあり、昔の人々の病気に対する恐れと民間信仰の深さを知ることができます。

しばらく、神社やお寺、石仏を見たので、綾瀬川の源流点である備前堤を見に行きましょう。しかし、少し遠くそのうえ車も多いので無理なかたは中止されたい。妙楽寺を出ると右に行く広い県道の通りとやや狭い道があります。県道をさけて右側の細い道を行きます。約1000mあり備前堤の手前で県道と合流します。

道を元に返し、元荒川の堤防にそった農道を行くと約1000mほどのところで県道にでます。県道を横切り約300mで左折します。150m程いったところで右に曲がります。少し行くと左の奥に天照寺が見えてきます。天照寺からは右に行くと田んぼになりますので元荒川に架かる伏越橋が見えますのでそれを目当てに行きましょう。今通ってきた県道から天照寺までの通りのへりには個人持ちの石仏がたくさん有ります。  この道は少しわかりにくいので真っ直ぐに道を行かれて、庚申前バス停のところを右の路地に入っても、天照寺のまえに出られます。あるいはそのまま真っ直ぐ高虫橋のたもとを右折しても伏越橋に出られます。

   
     トップページに戻る